愛知県名古屋市でANK(NK細胞)免疫細胞療法と抗体医薬品・ビタミンC療法でがん(癌)治療を行う河合まごころクリニック

ANK免疫細胞療法とは

文字サイズ:

ANK免疫細胞療法とは

ANK免疫細胞療法とは?

Amplified Natural Killer 自己リンパ球免疫療法とは、患者様の血液からリンパ球を分離採取し、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞の活性を高めながら、選択的に増殖させ、点滴で体内に戻す、という療法です。
免疫というと、外敵の性質を学習してから攻撃する獲得免疫のことをイメージされる方が多いようです。NK細胞は、自然免疫に属し、生まれつき、正常細胞とがん細胞を区別する能力をもちます。

つまり、学習しなくても、初めて遭遇するガン細胞を攻撃しますが、正常細胞は、通常、傷つけません。

がん細胞だけを攻撃し、正常細胞は傷つけない
(三大療法にはない最大の特徴)

がんを攻撃する力が強く、また、どんな種類のガンでも攻撃する
(他の免疫療法にはない特徴)


ANK免疫細胞療法の特徴

ANK療法は、点滴の後に、他の免疫療法にはみられない悪寒や高熱が発生する免疫副反応がみられます。(個人差があり、症状は、患者様によって、大きく異なり、同じ患者様でも、点滴の度に、症状の出方が変わることがあります) これは、培養NK細胞が、体内の眠っている免疫細胞に対して、インターフェロンをはじめ、様々な免疫刺激物質を放出し、活性化を促す結果として生じるものです。ほとんどの免疫刺激物質は発熱作用を持つため、一度、がんによって眠らされた免疫を目覚めさせるのに、発熱を避けて通ることはできません。また、これらの副反応は一時的なものですので、熱が治まれば、後々の影響はありません。

NK細胞は、脳など、一部をのぞいて、ほぼ全身に移動でき、腫瘍部位に集まる傾向がありますので、どの部位にあるがんでも、また分散したガンでも対応できます。一方、ガンは、性質を変えながら増殖する傾向があり、特に、転移ガンは、原発性のガンと、大きく性質が異なります。免疫療法の中でも、学習をした目標しか攻撃できない獲得免疫系(CTL、なお、樹状細胞療法やがんワクチン、α/βTあるいはCD3-LAKなど、いずれも、CTLの誘導を目的とするもので、CTL療法を超えることはできません)と異なり、自然免疫系であるNK細胞は、異なる種類のガンでも攻撃します。
 

各種療法を組み合わせて最適ながん治療を…
大きなガンの塊を一気に取り除く外科手術。
増殖中のガンを大量に殺すことができますが、正常細胞、特に増殖の速い免疫系の細胞も殺してしまう放射線や化学療法剤。
どんな種類のガンでも、一つ一つ、殺していくANK療法、それぞれの長所短所をうまく組み合わせるのが理想のガン治療と考えます。

放射線や、化学療法を受けた後のNK細胞は、傷ついており、数も少なく、活性化や増殖に時間がかかります。副作用の強い他の療法を実施される前に、リンパ球を採取しておき、ある程度、大雑把にガンの数を減らしてから、残ったガンをANK療法で一つずつ潰していく、という組み合わせが望ましいと考えます。

受け方

さらに詳しく相談なさりたい方は、一度当クリニックまでご連絡ください。詳しい資料を提供させていただきます。

問い合わせ先電話番号 052-769-1621

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional