愛知県名古屋市でANK(NK細胞)免疫細胞療法と抗体医薬品・ビタミンC療法でがん(癌)治療を行う河合まごころクリニック

CTL療法

文字サイズ:

CTL療法

CTL療法(Cytotoxic T-lymphocyte Therapy:細胞傷害性Tリンパ球療法)

CTL細胞とは

T細胞の中でもがん細胞に対して殺傷性があるのはキラーT細胞です。個々のキラーT細胞の標的はまちまちで、そのままでは特定のがん細胞を殺傷するCTLは、ごく僅かしか含まれていません。がん治療に使える戦力とするには、患者様体内のがん細胞だけを攻撃するCTLを選択的に大量増殖させる必要があります。

[十分な母数のキラーT細胞が必要]
キラーT細胞はT細胞の中でもごく一部を占めるに過ぎません。更に、各々のキラーT細胞は、一種類の標的しか認識しないと言われています。たまたま患者体内のがん細胞を標的とするキラーT細胞は、ほんのわずかしか存在しないのです。そこで、CTL作成にあたっては、血液採取(全血)では十分な数のキラーT細胞を確保できる保証がなく、リンパ球分離採取により、大量のリンパ球(T細胞を含みます)を取得することを前提にしております。

[体内のがん細胞が標的と一致する保証がない ]
CTLは覚えた標的と同じ性質をもつ細胞しか攻撃しません。ところが体内に必ず標的と同じ性質のがん細胞が存在する保証はありません。その場合、空振りとなってしまいます。標的の性質がCTL作成過程で変性する可能性もあります。

[ 覚えた標的以外は攻撃しない ]
標的と同じ腫瘍組織内でも標的と異なるがん細胞が存在する可能性があります。 また、転移や再発の場合は特にそうですが、増殖過程でがん細胞が抗原性を変化させることは十分ありえます。このような場合、CTL細胞は認識できなくなります。

*上記の理由によりCTL療法はリンパ球採取で12回治療の方のみに培養費は無料にて提供させていただいております。尚リンパ球採取に関しましては当クリニックでご相談される時にお尋ねください。

治療について

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional