愛知県名古屋市でANK(NK細胞)免疫細胞療法と抗体医薬品・ビタミンC療法でがん(癌)治療を行う河合まごころクリニック

ANK免疫細胞療法の要点

文字サイズ:

ANK免疫細胞療法の要点

当クリニックで提供させていただくANK免疫細胞療法の要点

1.放射線や化学療法と異なり、患者様にとって、後に残るような副作用はみられない。但し、非常に免疫刺激が強いため、免疫細胞療法の中では唯一、40度前後の発熱や、人によっては激しい悪寒などの免疫副反応が伴う。

2.NK細胞は活性が高ければ、自らがん細胞に直接、攻撃をしかけ、傷害します。また、体内で、活動を抑制されているNK細胞に対して、大量の免疫刺激物質を浴びせ(インターフェロンなど、様々なものがあります)、活性化と、がん攻撃への動員を促します。さらに、体内の免疫レベルが上がってくれば、CTLにも動員を働きかけます。

3.自然免疫であるNK細胞を活性化しての治療であるため治療対象となる「がん」の部位や種類を問わない。ただし、脳腫瘍や、小児のがん、あるいは白血病などの場合は、制限や特殊な条件があります。

4.ANK療法とCTL療法を併用する場合はCTL療法を無料で受けられる。(ANK1クール以上でリンパ球採取の場合)ただし、点滴などを別に行う場合は、点滴代などが発生することがあります。

5.CTL療法は、患者様の生きている「がん細胞」を標的に、キラーT細胞集団を一緒に培養することで、CTL集団化したもの(樹状細胞療法を含めたキラーT細胞療法の中で最強のもの)、患者さんから、生きたがん細胞の提供が必要なため、原則、手術前にANKを申し込まれた方に限られます。
CTL(細胞傷害性T細胞)

6.患者様の状態に合わせた治療設計を行う事が重要です。

7.標準治療を併用する場合でも、可能な限り、早い時期にリンパ球を採取し、ANKの培養を行うことが推奨されます。標準治療によってNK細胞が傷んだり、数が減る前にリンパ球を採取した方が、より好条件の培養ができます。培養細胞は凍結保管できますので、先に標準治療によって、がん細胞の総数を減らした後、残存がん細胞をANKで攻撃する、というのが基本的な治療設計となります。

8.抗体医薬品などの分子標的薬との相性が良い。
体内には、細胞に増殖を促す信号物質が何種類も存在します。がん細胞も、これらの増殖信号を受け取ることで、活発に増殖する傾向があります。そして、再発や転移を活発に繰り返す危険ながんは、これらの細胞増殖信号のレセプターの一種を、過剰発現する傾向があることがわかっています。たとえば、EGFRというレセプターを過剰発現するタイプのがんは、周辺の正常組織を激しく浸潤しながら局所で急速に増大し、近傍へ転移したり、手術で切除しても、同じ場所や、すぐ近くで再発を繰り返す傾向が知られています。また、HER2というレセプターを過剰発現するタイプのがんは、活発に遠隔転移する傾向が知られています。これだけですべての危険ながんを説明できるわけではありませんが、この二種類のレセプターの過剰発現は、代表的な予後不良因子(極めて悪性度が高い)として知られてきました。そこで、EGFRやHER2を標的として、増殖信号の伝達をブロックすることで、がんの増殖にブレーキをかける分子標的薬が実用化され、今でも改良タイプが多数、開発中です。もちろん、増殖を止めるだけでは、強い抗がん作用を発揮できません。そこで、分子標的薬の中でも、抗体医薬品と呼ばれるものの多くは、ADCC活性という機能を持ちます。(Antibody-Dependent Cellular Cytotoxicity:抗体依存性細胞傷害活性)です。これは抗体分子の一部がNK細胞と結合することで、NK細胞による、がん細胞を傷害する効率を高める作用のことです。

9.他の免疫細胞療法では対処できないATL(成人T細胞白血病)や悪性リンパ腫等にも対応が可能。 ただし、極端に血液中のがん細胞数が多すぎる場合、培養中に傷害されるがん細胞よりも、増殖するがん細胞の方が多くなることもありますので、事前に慎重な検討の上、場合によって、試験培養(有償)を行うことがあります。

10.「がん」は発生部位にとどまる限局性のものと、活発に飛び散るタイプのものに大別されます。発生部位や早期発見かどうかよりも、おとなしい限局性なのか、暴れる飛び散るタイプ(再発や転移を繰り返すがん、あるいは進行性のがん)なのかで、予後はまるで違います。飛び散るタイプのがんの場合、かなり早期でも、すでに転移している可能性があり、外科的手術で大きな塊を取り除いた後の再発防止が要となります。残念ながら、放射線や抗がん剤(殺細胞性化学療法剤)は、がんの数を減らすことはできても、全滅させることが難しいのです。活発に増殖する細胞にダメージを与えるものですから、ゆっくりとしか増殖しない「がん幹細胞」を撃ち漏らすのです。このがん幹細胞は少数でも生き残ると、新たな腫瘍を形成する、いってみれば、がんの「親玉細胞」なのです。標準治療の意外な弱点は、増殖の遅いがんを取り逃がすことで、がんの親玉は増殖が遅いのです。その点、活性の高いNK細胞であれば増殖が遅いがんであっても威力を発揮しますので、がんの再発予防には最適な治療であると考えています。

11.ANK療法と名付けられた治療法は、以下の特徴があります。

(がん細胞を殺す力) 

ANK療法 > 米国LAK(NK) > CTL > 日本版LAK(NK)

 (殺すことができるがん細胞の種類)
 ANK/米国LAK: どんながん細胞でも殺します。
CTL : 覚えた標的と同じタイプのがん細胞しか殺しません。
 日本版LAK : 活性が低いNKは、殆ど、がん細胞を殺しません。

(体内の免疫への刺激)
 ANK/米国LAK: 非常に強い(高熱が出ます)
 CTL/日本版LAK : 殆どありません(熱はでません)

(抗体医薬品との相乗効果)
 ANK/米国LAK : 抗体のADCC活性により、がんへの攻撃力がUPします。
 CTL/日本版LAK : T細胞も、活性の低いNK細胞も、相乗効果はなし。

(コスト)
 ANK/米国LAK : 大量の薬剤を使用し、非常にコストが高い 
 CTL/日本版LAK : 薬剤使用量が少なく、ANKより遥かに培養原価が低い

ANK療法とは

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional