愛知県名古屋市でANK(NK細胞)免疫細胞療法と抗体医薬品・ビタミンC療法でがん(癌)治療を行う河合まごころクリニック

当クリニックの治療方針

文字サイズ:

当クリニックの治療方針

一度にできるだけ多くリンパ球採取することをおすすめしています。
ダメージを受けたリンパ球  活性度の高いリンパ球
抗がん剤等でダメージを受けたリンパ球          正常なリンパ球

現在通常使われている抗がん剤は、殺細胞性(がん細胞を殺傷するわけですから、当然正常細胞にも悪影響がでます。)のものが多くリンパ球にもダメージを与える事がわかっています。

したがって、当クリニックでは出来る限り最初にリンパ球採取することをお勧めしています。

なぜならば、最初に抗がん剤の影響が少ないリンパ球を採取・培養することによって、ダメージの少ないリンパ球を体内に戻し続けることができるからです。

治療
リンパ球採取装置リンパ球

お申し込み

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional